お客様本位の業務運営方針(FD宣言)

 

1、お客様本位の業務運営を実現するための方針

当代理店はお客様に、保険に対する正確な認識を持っていただくために、保険のしくみを説明した上で、お客様の意向を聞き取り、顕在化したニーズを把握し、その奥に潜む潜在ニーズを顕在化することでお客様に満足いただけるサービスに努めます。

2、利益相反の適切な管理

当代理店は、保険商品の販売、推奨を行う対価として、当該保険会社から代理店手数料等を受領します。販売、推奨にあたって、お客様の不利益となる販売手法を防ぐために「勧誘方針」を定め、適切に把握、管理するための体制を整備し、維持、改善に努めます。

3、重要な情報の分かりやすい提供。

当代理店は法令を遵守し、お客様を取り巻くリスクの分析やコンサルティングを通じ、お客様のご意向や実情に沿った最適なプランがご提案できるように努めます。またお客様にとって不利益となる事項や、複雑な商品内容についてはよりわかりやすく丁寧に時間をかけてご説明します。

4、従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

当代理店はお客様本位の業務運営を遂行するにあたり、保険商品に関する教育、コンプライアンス等の研修を定期的に実施し、当方針の浸透に向けた取り組みに努めます。

 

お客様本位の業務運営実践による重要指標(KPI)の公表

当代理店は常にお客様に寄り添い、お客様の顕在ニーズ・潜在ニーズを漏らさず聞き取ることにより、質の高いサービスを提供することが大切だと考えており、その考えに基づいた、お客様本位の業務運営方針を定めております。またその方針を実践するための重要指標を下記のように定めております。

【継続率】
①3か月以内の解約・失効率
②37か月契約継続率

お客様のニーズをしっかりと踏まえた提案をし、お客様にご理解いただいておれば、早期に解約・失効することはないと考え、3か月以内の継続率を重要指標とします。
また将来にわたり、お客様を取り巻く環境を加味した提案であれば、長きにわたりご継続いただけると考え、37か月継続率を重要指標とします。

【お客様の声】
当代理店はお客様の声に耳を傾け、質の高いサービスを行うために、常に改善・継続・向上に努めてまいります。お客様の不満足の表明をクレームと位置づけ、真摯に向き合うとともに全スタッフで事象を共有し、再発防止につとめます。またお褒めの言葉についても謙虚に受け止め、全スタッフで共有しつつ、継続・向上へと取り組んでまいります。

以上の重要指標に基づき、お客様へより良いサービスのご提供を実践してまいります。

 

重要指数に対する取組成果

  • 3か月以内の解約・失効率

  ◎2017年度における解約・失効率は0.0%でした。
  ◎2018年度における解約・失効率は0.7%でした。
  ◎2019年度における解約・失効率は1.7%でした。

  • 37か月契約継続率

  ◎37か月契約継続率は100%でした。
   ※但し、創業が2016年11月の為、対象契約が2016年の11月.12月の契約分となります。
   ※今後は過去一年間で37か月契約継続したものを数値化して公表いたします。(年初更新予定)

 

ピックアップ記事

  1. これからのマネー問題をしっかり解決!女性のための京都マネーセミナー
    【京都】女性のためのマネーセミナー<日時>8月29日(日...
  2. ★京都市 6 / 19(土) 10:00~11:30講師:大塚 巌也主催会社:有限会社アイエ...
  3. ★京都市 2021 / 5 / 29(土) 10:00~11:30講師:田中由美主催会社:有...
  4. ★京都市 2021 / 5 / 8(土) 10:00~11:30講師:大塚 巌也主催会社:有...